エステの魅力を余すことなくお届けしましょう

歴史について

足のマッサージと手

美への願望は男女を問わず誰でもある程度は持ち合わせています。そのため古来より様々な美容方法が編み出されて実践されてきました。例えば今から2000年以上前の古代ローマ時代には、既にスパがあってローマの各地では浴場が800以上存在しています。そこではマッサージや油を塗ってもらうサービスが有り、ムダ毛のケアも行ってもらうことができました。 今のようなエステサロンとしての、店舗と専門の美容スタッフがいる形式のサービスはそれよりも時代が下った18世紀のフランスが最初となります。当時の王侯貴族の女性の間で、お付の人に様々な美容の手入れをやらせていましたが、この手入れを専用に行う店舗を設けて、提供を始めたのが最初のエステサロンとなります。

妊娠期は女性にとって大きな体調変化が長く続くことになるため、肌の変調が起こりやすく、またホルモンバランスの変化によって足や顔がむくんだりと様々な体のトラブルが起きやすい時期となります。 この妊娠期の女性をサポートするメニューを用意しているのが、マタニティエステ、あるいはサロンであり、現在大きな注目を集めています。マタニティエステは、その特徴として肌や体調変化が起こりやすい妊婦のための特別な、体にやさしいメニューを組んでいるのが特徴となります。 お肌の調子を整えつつ、ストレスを解消するためのリラクゼーションマッサージを提供したり、血流をよくして体を軽くするための各種マッサージやスパなどを利用したりと特別メニューが組まれており、今後マタニティエステの需要が伸びると言われています。